<   2017年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


元気に役立つ道具箱


ブログの更新が滞っていたので触れていませんでしたが、
現在、三沢市内の地域活動支援センターで定期的にWRAPの紹介クラスを開催しています。
開催は昨年の12月からで、

12月「希望」
1月「学び」
2月「サポート」
3月「自分の責任」
4月「権利擁護」

上記のように、ひと月ワンテーマで開催・紹介してきました。

今月取り上げたテーマは、「日常生活管理プラン」・「元気に役立つ道具箱」でした。

今まで何度かWRAPクラスで「元気に役立つ道具箱」を紹介しましたが、
「道具箱」というコトバだと、参加くださった方々から「イメージが湧かない」や「道具ってどういう事?」等々の意見が多くきかれました。

せっかくお時間をいただいて参加してくださるのですから、そこはファシリテーターとして解りやすく紹介し、WRAPを楽しんで味わっていただきたく、
今回はお試しで言葉(表現)を変えてみました。

「元気に役立つ道具箱」を「元気になる為のアイデア・リスト」という表現に変えて紹介しました。

「道具箱」はWRAPのテーマの中でも楽しいテーマだと思うので、上記の「アイデア・リスト」というコトバで紹介した事で、参加者の皆さんはスムーズにイメージできた様子で、たくさんのアイデアを紹介していただけました。

他の方々のアイデアをきく事で共感し合ったり、「そういえば自分もそれを使っていた!」という気づき(再認識)であったり、「それも今後試してみよう」と感じたり。

参加者が多ければ多いほど、アイデアの数が多ければ多いほど、楽しさも増しますし、アイデアも増えて充実した内容にできるのかなぁと感じました。


今回、「道具箱」を「アイデア・リスト」とコトバを変えてみましたが、実はもう一つ変えています。

それは「安心の為の同意」です。
「安心の為の同意」を「安心の為のルール・コーナー」と表現を変えてみました。

昨年の後半から月1~2回のペースでクラスを開催していますが、当事者・支援者どちらの方々からも発言がほぼ無くて、そのテーマの枠の時間はあって無いような感じが続いています。
もう少し表現をソフトにすれば何か出るのではないかな~と思いましたが、今回も何も出てこないクラスでした。
今後も継続して工夫してみたいと思います。

昨年10月から始まった定期クラス。
今年3月、同じ三沢地区でファシリテーターが二人増えました。
現在ファシリテーター3人態勢でやっています。
すごく心強いです!


次回6月のクラスは「1日クラス」の開催を予定しています。
時間は10:00~16:00位といった具合で長丁場になります。

1日の中で如何に多くの事をファシリテートして、如何に多くの方々にWRAPの素晴らしさを伝える事ができるか?
ファシリテーターみんなで頑張って皆さんが楽しめるクラスにできたらなと思います。


[PR]

by wrap-aomori | 2017-05-25 18:58 | WRAP | Trackback | Comments(0)
line

WRAP=ラップ(元気回復行動プラン)は心の健康の点検と整備をする「自分取扱い説明書」です。「三沢らっぷ」は青森県三沢市よりWRAPを発信しています。


by wrap-aomori
line