<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


「松本ハウスがやってくる」~笑って学ぼう精神疾患~


来年1月、弘前に松本ハウス、ハウス加賀谷さんが来ますよ~!!

ともに生きる精神障がいの理解・普及・交流会
「松本ハウスがやってくる」~笑って学ぼう精神疾患~

お笑いコンビ「松本ハウス」のハウス加賀谷さんが、お笑いや自らの精神障がいの体験談を通して真面目に、時には面白く講演します。相方・松本キックさんの視点を交えながら、精神疾患に対する正しい知識や情報を学ぶ交流会です。

○とき 1月18日(日曜日) 午後2時から午後4時
※午前10時から、地域の福祉施設などの紹介・作品展示・販売を予定。
○ところ ヒロロ(駅前町) 3階 イベントスペース
○対象 市民
○参加料 無料(事前申し込み不要) 
○お問い合わせ 津軽地域精神障がい者社会復帰支援連絡会
 (貴田岡さん 携帯 090-7529-8702)

e0308775_211317.jpg

[PR]

by wrap-aomori | 2014-12-23 21:06 | Trackback | Comments(0)

WRAP体験クラス

10月に開催された、青森県精神保健福祉士協会青森地区支部の事業の一環としてのWRAP体験クラス。

サル12月20日(土)、青森市内にある「地域活動支援センターすばる」にて体験クラス第2弾が開催されました。

前回のクラスへの参加者は、6名様。
内容は「元気に役立つ道具箱」と「日常生活管理プラン」の紹介でした。

今回の参加は倍増の13名様。
内容は
・「元気に役立つ道具箱」
・「引き金」と「対応プラン」
・「注意サイン」と「対応プラン」

「元気に役立つ道具箱」については前回参加してくださった方々には内容が重複してしまう形になりました。
サポーター不在の関係上、3グループに分かれてのグループワークの形式。

前回同様、模造紙にポストイットに貼っていく形に。
それぞれのグループに前回参加者がいてくれたので、前回参加者の自主的なリードのお蔭で実にスムーズに進行していきました。

道具箱作りではやはり皆さん楽しそう。大盛り上がりでした。

和気あいあいと時間は過ぎていき、引き金まで終わった時点でなんと終了予定時間に!
注意サインと対応プランは概要説明だけになりました。

WRAP初体験の方々もいらっしゃったこともあり、「道具箱」に時間を多く取りたかったこともあったし、これをキッカケに興味を持ってくださった方も。

日常、生活している中で気分転換に行う事だったり、気分を持ち上げ・楽しむものだったり、当たり前のようにやっていることの中に「元気の道具」が自然に入っていることを再認識したり気が付いたり。

「安定した自分」、「当たり前の自分」、「普通の自分」。これを維持・継続することというのは、簡単そうですが、中々難しいものです。
「道具箱」の中身を充実させる事はものすご~く大事!!

今回の参加者の中には小学生もいらっしゃいました!
元気の道具の紹介では一同「お~!!」と唸るような素晴らしいモノをお話してくれましたよ~。

皆さんが笑顔は私たちファシリテーターも元気を注入してもらえました。ありがとうございます。

今年度の紹介クラスはこの2回で終了です。

また来年度もまたお会いしましょう!!
[PR]

by wrap-aomori | 2014-12-22 21:52 | WRAP | Trackback | Comments(0)

注意サインから深刻な乱れへの移行あたり??

私の注意サイン→被害妄想中・・・。

と、いうより、被害妄想が起きていると限りなく調子の乱れに近いです。

対応するプランはモチロン持っていますが、それでも回避できない時だってあります。

WRAPの素晴らしさだけ伝えられることができればいいのですが、

「WRAPは万能ではない」

ということも伝え、知ってもらうことも重要。


被害妄想を抱き、その自分が物凄く心の貧しい、哀しく、憐れで嫌な人間だと感じ、激しい自己嫌悪も抱きます。

自分自身に自信が持てないので、自分の立ち位置・居場所がわからず物凄く不安と焦燥感を感じます。
次第に被害妄想を抱き始め、今は残った策は「薬を飲んで睡眠」だけとなりました。

薬→睡眠明けには被害妄想を抱いてしまった自分を恥じ、対象者に対して理不尽な感情を抱いたことを反省しているはず。
そこまで先の事を予想できているにもかかわらず、今はどうしても軌道修正できません・・・。そんな自分の心の小ささも大嫌いです。

万能ではない。薬等の療法にとって代わるものでもない。
調子の波を緩やかに維持する為の一つの手法である。

人それぞれWRAPに対する感じ方は違うでしょう。
人の数だけWRAPがあるのですから。

そろそろ薬を飲んで寝逃げします。

個人的な雑記をしてごめんなさい。



SNSもメールも便利な道具だと思いますが、反面、不安・焦燥・怒りを感じてしまう危ういものとしても感じています。

危ういと表現しておいてココに書き綴っているのも変ですね・・・。
[PR]

by wrap-aomori | 2014-12-06 23:38 | ブログ | Trackback | Comments(0)

いわて開催WRAPのご案内

岩手で開催される2つのWRAPクラスのご案内です。

まず一つ目は釜石市。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

(日時)
12月19日(金)・12月20日(土)

(会場)
釜石市民交流センター
1日目(19日)集会室:2日目(20日)小会議室
釜石市嬉石町1-7-8 TEL 0193-24-2241

(講師)
熊谷庸子氏 駿河孝史氏

(参加費)
無料(ただし、1日につき資料代として300円頂戴します)

(定員)
1日目:30名 2日目:18名
※どちらか1日だけの参加も可能です。

(申込方法)
FAX、E-mailにてお申込みください。

★お申込み・お問い合わせ先★
特定医療法人 智徳会 未来の風せいわ病院 地域医療連携室 今川さんまで
TEL:019-696-2055 FAX:019-696-4185
E-mail:ameri.iwate@gmail.com

(予定概要)
12月19日(金)10:00~16:30
・WRAPの概要・WRAPとリカバリーについての講演。
・WRAPのキーコンセプトについてのグループワーク。

12月20日(土)10:00~16:30
・WRAPの内容を1日かけて参加者の皆さんと語り合いましょう。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

続いてもうひとつは、2日間の集中クラスです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

WRAP(元気回復行動プラン) 集中クラス in 宮古

日程:平成26年1月30日(金)・31日(土)
30日(金)9:30受付 10:00開始
      交流会17:00~18:00(予定)
31日(土)9:30受付 10:00開始

会場:宮古市民総合体育館 シーアリーナ 3階会議室(両日とも)
住所:宮古市小山田2丁目1番1号
対象:WRAPを学び、活かしていきたいとお考えの方
参加費:無料(両日とも)
    ただし、資料代として、200円いただきます。
定員:18名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。
交流会:30日(金)のクラス終了後に行います。飲み物とお菓子をご用意します。参加費は300円になります。
ファシリテーター:小成祐介さん(宮古山口病院)
         小林園子さん(NPO法人NECST)
         中嶋智恵子さん(宮古山口病院)

申し込み・問い合わせ:
     ★宮古山口病院 地域生活支援室 小成(こなり)さん
     TEL:0193-62-3945 FAX:0193-63-7545
     ★未来の風せいわ病院 地域医療連携室 今川(いまかわ)さん
     TEL:019-696-2055 FAX:019-696-4185
     Mail:ameri.iwate@gmail.com
     ※どちらに申し込みいただいてもOKです。

※このクラスにご参加いただくと、3月25日~29日に宮古市で行われるWRAPファシリテーター養成研修に参加することができます。

興味のある方、よりWARPの知識を深めてみたい方、奮ってご応募ください。
[PR]

by wrap-aomori | 2014-12-04 21:50 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
line

WRAP=ラップ(元気回復行動プラン)は心の健康の点検と整備をする「自分取扱い説明書」です。「三沢らっぷ」は青森県三沢市よりWRAPを発信しています。


by wrap-aomori
line