<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


WRAP(ラップ)の成り立ち


以前にもWRAPの成り立ちは紹介したことがありましたが、新しく興味を持ってくださった方々もいらっしゃるので、改めて紹介してみたいと思います。

WRAPとは

「Wellness」 →元気

「Recovery」 →回復

「Action」  →行動

「Plan」   →プラン

上記の頭文字をとってWRAP(ラップ)と読みます。

生まれはアメリカでメアリー・コープランドさんという女性によって発案されました。

心の病を抱えていたメアリーさんは、「同じような病を抱えている人たちは、どのような工夫をしな
がら生活をしているのだろう?」と考えて、カウンセラーの協力を得て精神的な困難を持つ人たちにアンケートを実施したそうです。
アンケート結果から毎日の生活のなかでどのように使ったらよいのか当事者の方々と話し合い、現在のWRAPができあがったそうです。

自分自身のこころや身体の調子は日によって変化があるものです。
その時々の調子に対してどのように対処して困難を乗り切るかという事を考えて書き出し、生活のなかで実行していきます。

普段のじぶんが精神的に(身体的に)シンドイと感じるときに、どのように工夫して乗り切っているのか?(または、こうすれば乗り切れそうな気がする)という事をじぶん自身で考え、じぶん自身の対処法としていきます。

「対処法はこうあるべき!」というような事はありません。
これらのことを決めるのは自分自身です。

十人十色。
人の数だけ、生活の数だけ、WRAPがあります。


次回のWRAPの小クラスは

8月9日(土)、13:00~15:00。

場所は
障がい者就労トライアルセンターボイス

お問い合わせ先
〒033-0041
青森県三沢市堀口164-1
TEL:0176-53-2241
FAX:0176-53-2240
担当:中岫
[PR]

by wrap-aomori | 2014-07-29 13:47 | WRAP | Trackback | Comments(0)

第1回 みさわWRAP!

ついに始まりました。

さる7月19日(土)、地元三沢市で初めてWRAPクラスを開催しました。

三沢市での開催がはじめてということ、私たちのファシリでのWRAPがはじめてだということ。
参加される方々もWRAPははじめてだという事で、クラスの時間自体は90分での開催としました。
当面はこの時間設定で続けると思います。

参加された方は全部で5名。
人前では緊張してしゃべれなくなってしまうワタシとしてはちょうど良いくらいの人数でした。
e0308775_20205294.jpg


今回のテーマは「元気に役立つ道具箱」でした。
e0308775_2023910.jpg


ファシリテーターとして進行しているワタシ達は様子をみながらの手探りでしたが、同様に参加されていた方々も初めて触れるWRAPに手探りで少しず~つ少しずつ、発言してくださりました。
e0308775_20271237.jpg


チェックアウトは初めてWRAPに触れてみての感想をいただきました。
不安が大きかったのですが、皆さんWRAPに興味を持って下さり、また次回も参加してみたい等のお声を頂戴しました。

大まかであってもWRAPとは?みたいなものが伝わったことにホッとしたとともに、もっともっとWRAPの魅力を伝えなければっっ!と思った次第でございます。
e0308775_2042741.jpg


今後の開催予定日は
8月9日(土)、8月23日(土)、9月13日(土)、9月27日(土)、10月11日(土)

時間:13時~15時

場所:障がい者就労トライアルセンターボイス

問い合わせ先:〒033-0041
       青森県三沢市堀口164-1
       障がい者就労トライアルセンターボイス
       TEL:0176-53-2241
       FAX:0176-53-2240
       担当:中岫まで
[PR]

by wrap-aomori | 2014-07-23 20:43 | Trackback | Comments(0)

焦りとか不安とか悲しみとか

本来はここに書くべき事じゃないかもしれないんですが、どこにも吐き出せないので・・・。

私を取り巻く人々は無責任な「にわか精神科医」が割りに多くいます。

「君は病気にみえない」

「まだ治らないんだ?薬が効いてないみたいだから飲むの止めたら?」

「君は大丈夫」

不本意であってもその意見を受け入れてしまうと、それこそこの世の中には精神科医は必要ないって事じゃない?と思うし、上記のような意見というかアドバイスというか「にわか診断」の一つ一つがグサグサと心に突き刺さっています。

躁状態にあるときは、確かに気分が高揚しているので、元気には見えていると思いますが、実のところは抑うつ状態よりも厄介で、多くの人々に迷惑をかけています。

でも、これも「言い訳」や「逃避」ととられるんでしょうか?・・・。

なかなかシェアすることの難しい悩みや辛さかもしれませんね。
[PR]

by wrap-aomori | 2014-07-13 00:48 | ブログ | Trackback | Comments(0)
line

WRAP=ラップ(元気回復行動プラン)は心の健康の点検と整備をする「自分取扱い説明書」です。「三沢らっぷ」は青森県三沢市よりWRAPを発信しています。


by wrap-aomori
line