<   2013年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


リカバリーを目指して

今月に入ってすぐに、ある事が引き金になって精神的に調子を崩してしまい、1週間近く寝込んでしまいました。

とある事について、その人はどう思っているのだろう?そして私の事をどう思っているのだろう?
そういった気持ちが頭をよぎり、それがエスカレートして被害妄想に発展し、「どうせ自分は何もできない力のない人間だよ・・・」という強い不安感・焦燥感と怒りの感情が自分自身を支配してしまい、希死念慮にさえ駆られてしまいました。
久しぶりに辛い時期を過ごしました。

自分自身の性格的な部分も大きいのですが、対人過敏症で常に他人の評価を気にし、顔色をうかがい、「自分自身の気持ち」がおろそかになってしまったが為の今回の出来事。

私には近隣に「ピアサポーター」はいません。そもそも被害妄想に陥り、人を信じるということができなくなっている状況で「助けて!」と訴える発想自体、なくなってしまっていた状態でした。

布団を被り、希死念慮に駆られた時は、もう一人の「理性的な自分」が頭の中で言いました。
「第3者がお前のことをどう思っているのかなんて、直接その人の口から聴いたわけでもないのだからわかるわけがないし、そんな不確かな理由で簡単に生きることを諦めることは間違っている」
「理性を持った自分」はそう言いました。

誰にもSOSを発信できなくて、でも何とかして気持ちを持ち上げて今の状況から少しでも脱しなければと思い、ちょうど最近読み進めていた「双極Ⅱ型障害」の本を手にとって、布団を被りながらページをめくりました。
読み進めていけば気持ちをフラットにできるヒントに巡りあえるかもしれないと思ったからです。

本を読み進めて・・・
「あの人は自分をどう思っているのだろう?」→「自分には何も力がなくて、何もできないさ」
他人に合わせようとして、合わせすぎて、自分がからっぽになり、無価値な存在にしてしまう。

それまでの関心事は
・自分は受け入れられているのか?
・どのように評価されているのか?
・嫌われていないか?
・嫌われやしないか?
「拒絶される」ことに恐怖心めいたものを感じていました。いや、現在も感じています。

それは何故かというと、「躁」という異様な状態にある時に多くの人の感情を振り回し、そのほとんどの人達は私の元を去っていき、もう二度と修復できないような関係に自分自身がしでかしてしまったという後悔の念から。
逆に「抑うつ」の状態にあった時も同様に多くの人の感情を振り回し、その時は人生における伴侶さえ去っていきました。

もうこれ以上拒絶されるということは、今の私にとって耐え難いことなのです。
拒絶されないようにするにはどうしたらよいのか?
考えたことは相手の考えることを二手三手先まで読んで心を汲み取ろうとすることです。
案の定、読みすぎ、気を使いすぎ、疲れてしまい、精神のバランスを崩してしまうという顛末です。

私自身に欠けている事
「ただ存在しているだけでよい」ということ。それはポジティブな意味において。生きているだけでもよい、といったほうがよいでしょうか?。

本を読み進めてこの「存在しているだけでよい」という言葉を目にしたとき、少し安心しました。
「誰が自分をどう思うか?ではなく、自分はどう存在し、どう考え、どう生きるかだ。」という発想の転換で気持ちが少し落ち着きました。


WRAPには「元気に大切な5つのこと」があります。

・自分が主体となること
・サポート
・自分のために権利擁護すること
・学び
・希望の感覚、希望を感じること

この5月はじめからの数日間の辛い時期を、自らの病気である「双極Ⅱ型障害」に関する本を手がかりとして回復方向に持っていきました。
苦悶している時間帯、「WRAPなんて自らのリカバリーに何の役にも立たない!」と投げやりにさえなっていました。

でも・・・
自分が回復(リカバリー)のきっかけを掴んだ過程やその結果、さらにその先にまでも、自分が知らぬ間にしっかりWRAPのキーコンセプトが存在し、尚且つ発揮していたのです。

自分が主体となる→自分についての専門家は自分自身!自分は元気になりたいために本を読んだ。

自分のために権利擁護をする→今日、このブログで自分のこと、自分の想いを書き綴りました。

学び→今回の出来事があり調子を崩してしまったけれど、書籍から知恵を授かり、アプローチの方法や発想を変えれば、調子を崩さなくても済む選択肢の可能性を学びました。 

希望の感覚→この一連の過程で回復に向かえたことで、改めてWRAPの素晴らしさとリカバリーの       大切さと心地よさを感じ、光が射したような感覚になりました。

今はとにかく、WRAPをフル活用して「躁」でも「抑うつ」でもない「フラット」な状態の維持に努めたいです。


今回は、わたくし事に偶然「元気に大切な5つのこと」が重なったので紹介したカタチになりましたが、次回はもう少し掘り下げてお話ししたいと思っています。

(大ちゃん)
[PR]

by wrap-aomori | 2013-05-12 18:34 | ブログ | Trackback
line

WRAP=ラップ(元気回復行動プラン)は心の健康の点検と整備をする「自分取扱い説明書」です。「三沢らっぷ」は青森県三沢市よりWRAPを発信しています。


by wrap-aomori
line