WRAP体験クラス

10月に開催された、青森県精神保健福祉士協会青森地区支部の事業の一環としてのWRAP体験クラス。

サル12月20日(土)、青森市内にある「地域活動支援センターすばる」にて体験クラス第2弾が開催されました。

前回のクラスへの参加者は、6名様。
内容は「元気に役立つ道具箱」と「日常生活管理プラン」の紹介でした。

今回の参加は倍増の13名様。
内容は
・「元気に役立つ道具箱」
・「引き金」と「対応プラン」
・「注意サイン」と「対応プラン」

「元気に役立つ道具箱」については前回参加してくださった方々には内容が重複してしまう形になりました。
サポーター不在の関係上、3グループに分かれてのグループワークの形式。

前回同様、模造紙にポストイットに貼っていく形に。
それぞれのグループに前回参加者がいてくれたので、前回参加者の自主的なリードのお蔭で実にスムーズに進行していきました。

道具箱作りではやはり皆さん楽しそう。大盛り上がりでした。

和気あいあいと時間は過ぎていき、引き金まで終わった時点でなんと終了予定時間に!
注意サインと対応プランは概要説明だけになりました。

WRAP初体験の方々もいらっしゃったこともあり、「道具箱」に時間を多く取りたかったこともあったし、これをキッカケに興味を持ってくださった方も。

日常、生活している中で気分転換に行う事だったり、気分を持ち上げ・楽しむものだったり、当たり前のようにやっていることの中に「元気の道具」が自然に入っていることを再認識したり気が付いたり。

「安定した自分」、「当たり前の自分」、「普通の自分」。これを維持・継続することというのは、簡単そうですが、中々難しいものです。
「道具箱」の中身を充実させる事はものすご~く大事!!

今回の参加者の中には小学生もいらっしゃいました!
元気の道具の紹介では一同「お~!!」と唸るような素晴らしいモノをお話してくれましたよ~。

皆さんが笑顔は私たちファシリテーターも元気を注入してもらえました。ありがとうございます。

今年度の紹介クラスはこの2回で終了です。

また来年度もまたお会いしましょう!!
[PR]

by wrap-aomori | 2014-12-22 21:52 | WRAP | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://wrapaomori.exblog.jp/tb/22669592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

WRAP=ラップ(元気回復行動プラン)は心の健康の点検と整備をする「自分取扱い説明書」です。「三沢らっぷ」は青森県三沢市よりWRAPを発信しています。


by wrap-aomori
line