自分史

私は向精神薬を服用し始めて、かれこれ10年になります。

現在の病名は「双極Ⅱ型障害」。
この病名になったのは今から5年前です。

やはり最初の頃(10年前ですね)というのは気分が沈み込んでしまい、仕事に行く意欲がなく、休みがちでした。
仕事に行かない自分に不甲斐なさを感じ、「自分は怠けているのだ」と感じる日々を送り、このままではいけないと思い、精神科への受診に踏みきって、投薬治療を始めました。

「気分が憂鬱で意欲がわかない」と医師に告げれば、当然のごとく診断名は「うつ病」となります。
そうなると病院としてもそれに対処する薬として「気分・意欲を高める薬」を出します。
そのように薬が処方され、私も当然のように「これで良くなれるんだ!!」と信じて服用を始めました。

ここからが「今となっては」・「今にして思えば」になるのですが、「気分が沈みこむ・意欲の低下」に対処するべく服用したくすりの効果は、気分が持ち直すというより「異様な高まり」となって表出していたようです。
活発になり、口調は饒舌になり、大げさに表現すれば自身がまるで神にでもなったかのような万能感を覚えました。
活発であると同時に酷い浪費も始まり、膨大な借金を作りました。何の根拠もなく「金はなくならない」と思い込んでいました。
これで親からの信用すらなくしてしまいました。

これがいわゆる「躁転」という状態ですね。
勿論その時の自分は、自身が「躁に転じている」という自覚は全くありません。

「前より元気になったね」と言ってくれる人もいましたが、中には「なんか表情がギラギラしていて怖い」と言われたこともあります。でもそんな事を言われても、気分が高揚して気が大きくなっているので何とも思いませんでした。
ただ・・・、これも「今にして思えば」ですが、そういう風に「イケイケ」で何事もやってきても、自分が思ったように物事が進まない・自分の意のままにならない事もあるわけで、そのような時は直ぐに頭に血が昇って声を荒げて「キレて」いました。

そんなイケイケな期間も長くは続かないもので、ある時を境にして急激に憂うつで意欲のわかない状態に陥る事もあり、やがて「躁状態」と「抑うつ状態」は不定期に交互に訪れるようになりました。

その時期も私は躁状態の時は「気分を持ち直して良好な状態」であり、「抑うつ状態」の時だけが調子の悪い状態だという程度の認識しか持ち合わせていませんでした。

抑うつ状態に陥ると、躁状態にある自分自身に愕然とします。
色々なことにチャレンジ(手を出す)してみるけれど、結局何一つうまくできない(うまくいかない)。それで出来なかった事はすぐに諦めてしまうんです。
気分が沈んでいる状態の時にそのことを考えると、自分自身の無力さが情けなく、ひたすら自分自身を責める日々に転じる生活が続くんです。

5年前、転居したと同時に病院も変わりました。
はじめに発病してからの「生活史」のカウンセリングを行いました。
そして新しい医師からの診断は「双極Ⅱ型障害」。今の状態では仕事ができないと医師からは告げられました。

この5年の間も「躁状態」と「抑うつ状態」は交互に訪れ、そのふり幅の大きさに苦しんできました。
全くの引きこもりとまではいかなくとも、家から出ない事が多く、その影響なのか自分が頭で思っていることをうまく処理して会話に繋げるという力が衰えているのを実感しています。

しかし、「双極性障害」というものを知ろうと書物を読んでみたりしてから、「精神疾患」に陥った自分のこれまでを振り返り、上記で綴った症状を改めて認識したのです。
認識・理解するという作業は、一見良いことのように思えますが、かつて(今も)躁状態に陥っている時の自分が奇行・奇言で多くの人々を振り回し、多くの人の心を傷つけ、多くの人の信用・信頼を失ってしまったという現実を噛みしめなければならないという作業でもあり、苦痛・苦悩もまた大きいです。

このような過去を持っているので、実は私には昔からのという友達はほんの一握りくらいしかいません。ほぼ全ての人々からの信用・信頼を失って三くだり半を突き付けられて・・・。

私は「自分に自信を持つ」という事に臆病になっています。
自信を持つという事と躁状態でハイな気分になっている状態の境目がわからなくなるのではないかという不安が常につきまとっています。
これ以上、自分から人が離れていってほしくないという恐怖と不安感。

「病気にみえないよね」とよく言われます。複雑な気持ちですね。
「自分に自信を持って元気にふるまわないと」という気持ちでいますが、いわゆる当事者の中に入り込んでも、その中で疎外感をおぼえたりすることもあるのです。
一般社会ですでに疎外感をおぼえ、更に当事者間でも・・・となると「自分は一体外でどうふるまっていれば安心(安全)なのだろうか?」と思い悩む事も多いです。

そうやって自分自身のことより「人目」とか「世間体」とか他人からの評価とか、そんなことばかり気にするようになりました。
だけれど、双極Ⅱ型の本には、そのような気質も持ち合わせているとバシッと書いてありました。

いろいろ病気について学んでみたら、薬は一生のお付き合いであるということ。

ハイ過ぎたりロー過ぎたりせずに、なるべくふり幅の小さい生活を送るには、1日の生活にリズムを持たせること。

そしてここも大事!だということを改めて認識したこと!

それはWRAPの普段からの活用。

WRAPを作ることや書いたことを普段から眺めたりすることは、平穏な自分を保ちたいのであれば怠ってはいけない生活習慣にしなければならないということなんですね。

WRAPを通じて「過剰にならない程度の」自信を取り戻そうと取り組んでいるところです。
あとは、WRAPを共有できる仲間がどんどん増えてくれたらいいなというのが目下の希望です。

ここまでざっと(じゃなくカナリ長ったらしい??)自分史を洗いざらい綴ったところで、次回あたり「元気に役立つ道具箱」というものを紹介してみようかなと思います。
[PR]

by wrap-aomori | 2013-07-27 18:32 | ブログ | Trackback
トラックバックURL : https://wrapaomori.exblog.jp/tb/20855034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

WRAP=ラップ(元気回復行動プラン)は心の健康の点検と整備をする「自分取扱い説明書」です。「三沢らっぷ」は青森県三沢市よりWRAPを発信しています。


by wrap-aomori
line