終盤にさしかかり

『深刻な乱れを知らせるサイン』
何とか自分で状態の乱れを感じ、そのサインが出ているとき
より大きな体調の乱れが生じながら保っているような状況
そのような状態でもできること
あるんです。
どんな自分の行動がサインで
それに対応するプラン
このプランは、これまでのプランよりもより明確な指示的行動のプランとなります。

『クライシスプラン』
この場面では、自分で自分をコントロールできる状況ではない状態を指します。
この時には、自分以外の誰かに判断を委ねたり
いわゆるサポートしてくれる人
誰に、何をという
信頼できる人に具体的なことを依頼することになります。
クライシスも経験であり。学びであり。
のちに感謝することにもなります。
ここから『クライシス後のプラン』へ
クライシス後と言ってもすぐに普通の生活とはなかなかいけませんね。
感情や傷付いた思いが残っているかもしれません。
またクライシスに・・・という思いもよぎるかも
焦らず、ゆっくりと回復していくために大切なことをサポーターと一緒に考え
クライシス後のプランを考えるのもいいでしょう。
[PR]

by wrap-aomori | 2013-03-10 16:01 | ブログ | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://wrapaomori.exblog.jp/tb/19921699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じょー@仙台 at 2013-03-14 19:57 x
まさか、こんなに丁寧にブログを書いてくれていたとは、少しも気づけませんでした…嬉しくなってとりあえずここにコメントします。

2日間、本当にお疲れ様でした。かけがえのない空間にいました。
WRAPに携わると、なぜこんなに感謝したくなるんだろう?なぜこんなに嬉しくなるんだろう?
WRAPをやっても悩みがゼロになるわけではないのに、シアワセがあることを実感します。

こういう場なので、できるだけ具体的なことを書きたいとは思うのですが
WRAPは化学反応、体感するものでもあって、魅力を説明しにくくて…ちょっともどかしい。

誰かと一緒にWRAPをすることが好きです。
出会う人が増えるほどにWRAPの魅力も増えると思っています。

うまく言えないけれど、みなさんありがとうー
グッキー、大ちゃん、ありがとうー
line

WRAP=ラップ(元気回復行動プラン)は心の健康の点検と整備をする「自分取扱い説明書」です。「三沢らっぷ」は青森県三沢市よりWRAPを発信しています。


by wrap-aomori
line